2008年10月14日

第11回 フレーム


前回、
パケットを送るには、IPアドレスだけでなく、
MACアドレスも必要です。
と記載しました。

具体的には、
パケットに送信元MACアドレスと送信先MACアドレスを
付加します。

これをフレームと呼びます。

回線上を流れているのは、パケットではなくフレームと言う事です。
posted by han at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。