2008年01月20日

第7回 ルータ


例えば、Unix、Linux、WinServerは
ネットワークインターフェイスカードを
2つ以上つけると、ルータとして機能し始めます。

ただし、取り付けたネットワークインターフェイスカード
すべてにIPアドレスを設定する必要があります。

また、設定したIPアドレスのネットワーク部は、
すべて違っている必要があります。

もし、ネットワーク部が同じIPアドレスが存在すると、
同じネットワークが二つあると判断してしまうからです。

ルータは受け取ったパケットの送信先IPアドレスを参照し、
どのネットワークにパケットを送信するか判断しますが、
同じネットワークが二つ以上あると、
正常にパケットを送信できなくなってしまいます。

ルータは上記の様にサーバOSを用いる場合もあれば、
ルータ専用機を用いる場合もあります。
posted by han at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79585140
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。