2008年01月20日

第8回 LANケーブル


LANケーブルにはクロスケーブルとストレートケーブル
があります。

クロスケーブルは、
@パソコンとパソコンを直接接続する場合
Aルータとルータを直接接続する場合
Bパソコンとルータを直接接続する場合
Cハブとハブを直接接続する場合

に使います。

クロスケーブルを用いる事によって、
片方の送信側ともう片方の受信側を接続できるからです。

もしストレートケーブルを使うと、
送信側同士、受信側同士を接続してしまう為、
通信できません。

ストレートケーブルは、
Dパソコンとハブを接続する場合
Eルータとハブを接続する場合

に使います。
これらの場合は、受信側と送信側が元々逆になっているので、
ストレートケーブルを使って通信できるようになります。
(クロスケーブルでは通信できません)

尚、ハブには、カスケード接続用に設定を変える事で
ハブ同士をストレートケーブルで接続できたりします。

また、ストレートケーブルかクロスケーブルを
自動的に判断し、
受信側と送信側を変更してくれる製品もあります。
posted by han at 16:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79687637
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ELECOM モバイルLANケーブル(ブラック)1.5m
Excerpt: 小さくて、取り扱いが簡単で、価格も安い。モバイル用に最適です。カテゴリー5ですが、実用上は問題ないスピードで転送してくれます。モバイル用の巻き取り式で小さなものを探しており、ちょうどこれを見つけて購入..
Weblog: LANケーブルを攻める
Tracked: 2008-01-26 08:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。