2008年10月14日

第11回 フレーム


前回、
パケットを送るには、IPアドレスだけでなく、
MACアドレスも必要です。
と記載しました。

具体的には、
パケットに送信元MACアドレスと送信先MACアドレスを
付加します。

これをフレームと呼びます。

回線上を流れているのは、パケットではなくフレームと言う事です。
posted by han at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

第10回 MACアドレス


MACアドレスは、
ネットワークインターフェースカードやLANカードに
設定されているアドレスです。

先頭24ビットはメーカーを識別する番号であり、
残りの24ビットは各メーカー内で重複しないように
設定された番号です。

つまり、MACアドレスは重複しないアドレスと言う事です。

パケットを送るには、IPアドレスだけでなく、
MACアドレスも必要です。

パケットの送信先がLAN内であれば、
あて先IPアドレスからあて先のMACアドレスを
特定します。

パケットの送信先がLAN内で無ければ、
LANの出入り口となるゲートウェイに
パケットを送ります。

その為、ゲートウェイのIPアドレスから
ゲートウェイのMACアドレスを特定します。
posted by han at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

第9回 ハブ


前回、パソコンとルータを直接接続する場合、
クロスケーブルを使うと説明しました。

しかし、普通はこの様には使いません。

1つのLANに1台のパソコンというのは、
現実的ではないからです。

複数のパソコンをハブを用いて接続するのが、
一般的です。

ハブには、LANケーブルを差し込む事ができる
ネットワークポートが複数付いています。

具体的に説明すると、
ルータとハブをストレートケーブルで接続し、
さらに、パソコンとハブもストレートケーブルで接続します。

ハブのネットワークポートが10個あるとすれば、
1個をルータとの接続に使い、残り9個をパソコン
との接続に使う事ができます。

ハブとハブをクロスケーブルで接続する事もできます。
ネットワークポートが10個あるハブ同士を接続した場合、
残り18個のネットワークポートを使う事ができます。

ハブにハブを接続する事をカスケード接続といいます。

カスケード接続により、多くのネットワークポート
が使える様になりますが、
イーサネットでは、最大で4段までと決まっています。

尚、前回も説明しましたが、
ハブには、カスケード接続用に設定を変える事で
ハブ同士をストレートケーブルで接続できたりします。

また、ストレートケーブルかクロスケーブルを
自動的に判断し、
受信側と送信側を変更してくれる製品もあります。
posted by han at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

第8回 LANケーブル


LANケーブルにはクロスケーブルとストレートケーブル
があります。

クロスケーブルは、
@パソコンとパソコンを直接接続する場合
Aルータとルータを直接接続する場合
Bパソコンとルータを直接接続する場合
Cハブとハブを直接接続する場合

に使います。

クロスケーブルを用いる事によって、
片方の送信側ともう片方の受信側を接続できるからです。

もしストレートケーブルを使うと、
送信側同士、受信側同士を接続してしまう為、
通信できません。

ストレートケーブルは、
Dパソコンとハブを接続する場合
Eルータとハブを接続する場合

に使います。
これらの場合は、受信側と送信側が元々逆になっているので、
ストレートケーブルを使って通信できるようになります。
(クロスケーブルでは通信できません)

尚、ハブには、カスケード接続用に設定を変える事で
ハブ同士をストレートケーブルで接続できたりします。

また、ストレートケーブルかクロスケーブルを
自動的に判断し、
受信側と送信側を変更してくれる製品もあります。
posted by han at 16:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第7回 ルータ


例えば、Unix、Linux、WinServerは
ネットワークインターフェイスカードを
2つ以上つけると、ルータとして機能し始めます。

ただし、取り付けたネットワークインターフェイスカード
すべてにIPアドレスを設定する必要があります。

また、設定したIPアドレスのネットワーク部は、
すべて違っている必要があります。

もし、ネットワーク部が同じIPアドレスが存在すると、
同じネットワークが二つあると判断してしまうからです。

ルータは受け取ったパケットの送信先IPアドレスを参照し、
どのネットワークにパケットを送信するか判断しますが、
同じネットワークが二つ以上あると、
正常にパケットを送信できなくなってしまいます。

ルータは上記の様にサーバOSを用いる場合もあれば、
ルータ専用機を用いる場合もあります。
posted by han at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

新卒で就職先を探す


新卒者の場合、
どの様に就職活動すれば効率的か
分からないまま活動をしている人も
多いと思います。

こんな時、
全国10,000社を超える豊富な採用情報
がそろっている [エン・ジャパン]学生の就職情報
に登録してみましょう。

登録すれば、採用情報が探せるだけでなく、
自己分析診断やメール就活相談等が
無料で利用できる様になります。

ぜひ登録してみて下さい。
posted by han at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクールを探す


ネットワークを学ぶために、スクールに入校する事
を考える人も多いと思います。

ただ、ちょっと勉強するだけでは
はっきり言って値段が高いと思います。
(お金に余裕のある人なら話は別ですが・・・)

逆に、もしスクールに行くならば、
資格取得はもちろんの事、
自分の希望する会社に入社し、
自分の希望する職種に付く・・・

これぐらいの要求は満たしたいものです。

比較.comでは無料で各スクールの資料請求が行えます。
まずは、下記リンクから資料を請求し、
じっくり検討する事をお勧めします。

比較.comで簡単スクール選び!資格と講座の資料を無料で一括請求
posted by han at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

正社員で転職先を探す


転職してネットワーク関連の仕事に就きたい
という方もいるでしょう。

とはいえ・・・
未経験でも大丈夫か?
給料はどれ位もらえるのか?
どんな資格が必要なのか?

いろいろ疑問や不安があると思います。

こんな時は転職のプロに相談すべきでしょう。

リクルートエージェント イーキャリア

なら、無料で転職支援サービスを受ける事ができます。

ぜひ一度相談してみて下さい。
posted by han at 09:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

派遣で探す


派遣でネットワーク関連の仕事をする
というのはどうでしょうか?

自分で仕事を選べるので、
管理者を目指すより、
技術的スキルを伸ばしていきたい人に
向いていると思います。

派遣で働く場合、
仕事内容、勤務場所、待遇面等で
なるべく自分の理想を叶えるためにも
多くの派遣会社に登録しておく事を
お勧めします。

リクナビ派遣 なら、全国の派遣会社の仕事情報が検索できます。
登録やエントリーももちろん無料です。

ぜひ検索してみて下さい。

尚、無料研修を行ってくれる派遣会社もありますので、
登録時に確認しておきましょう。
posted by han at 14:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイトで探す


ネットワークの技術を身に付ける方法として、
アルバイトをするのはどうでしょうか?

アルバイトの場合、
自分の都合で働きやすいし、
未経験でも問題ない場合も多い。

ネットワークやサーバに精通した人に
指示を受けて仕事をすれば、
自然と技術も身に付くと思う。

お金をもらいながら技術を学べる
よい方法だと思います。

下のanエリアで、
職種から探す−コンピュータ・インターネット
で検索すると、数多くの仕事が見つかりました。

お金をかけずに技術を身に付けたい人は、
ぜひ検索してみて下さい。

好きな街で探す シゴト情報サイト【anエリア】 イエチカバイトが見つかる!

posted by han at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

第6回 LAN


インターネットはLAN(Local Area Network)の集まりです。

IPアドレスはマシンごとに別のアドレスに設定する
必要がありますが、

同じLAN内であれば、IPアドレスのネットワークアドレス
の所は同じでなければいけません。

また、LANとLANをつなぐ為には必ずルータが必要です。
posted by han at 10:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

第5回 ネットマスク


IPアドレスはネットワークアドレスと
ホストアドレスから構成されており、
例えば、IPアドレス 66.249.89.147 は
先頭の66がネットワークアドレスで、
残りの249.89.147はホストアドレスとなります。

IPアドレスのどこがネットワークアドレスで、
どこがホストアドレスになるのか判断方法を下記に示します。

まず、IPアドレスの先頭の数値を2進数に変換します。
この2進数の先頭が、
0の場合、先頭8ビットがネットワークアドレスとなります。
(クラスA のIPアドレス)
10の場合、先頭16ビットがネットワークアドレスとなります。
(クラスB のIPアドレス)
110の場合、先頭24ビットがネットワークアドレスとなります。
(クラスC のIPアドレス)

66を2進数にすると、01000010 となります。

この2進数の先頭1ビットが0なので、クラスA のIPアドレスとなり、
先頭8ビットがネットワーク部となり、
つまり66がネットワークアドレスとなります。

IPアドレス 66.249.89.147を2進数で表すと、
01000010.11111001.01011001.10010011 となり、

ネットマスクはIPアドレスのネットワーク部に1を割り当て、
ホスト部に0を割り当てるので、ネットマスクは、
11111111.00000000.00000000.00000000 となります。
この値を10進数にすると、255.0.0.0となります。
posted by han at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

第4回 nslookup


ネットワークコマンド nslookup について説明します。

第1回 IPアドレス の時に、
インターネット上のマシンである www.google.co.jp の
IPアドレスは、66.249.89.147である為、同様の表示がされます。

と記載しましたが、www.google.co.jp から IPアドレスを
どの様に調べるのか説明します。

コマンドプロンプトからnslookup www.google.co.jp
と入力して下さい。

(注意)
インターネットに接続していてかつ
DNSサーバの設定がされており、
nslookup コマンドを搭載しているマシンから行う必要があります。
また、下記表示結果はWinXP標準搭載の nslookup コマンドを使用した場合です。

最初の2行にあなたのマシンのFQDNとIPアドレスが表示され、
さらにその下に www.google.co.jp のFQDNとIPアドレスと
FQDNの別名(Aliases)が表示されます。

この様にしてFQDNからIPアドレスを調べる事ができます。

逆に、nslookup 66.249.89.147 と入力すれば、
IPアドレスからFQDNを調べる事もできます。

nslookup コマンドを使えば、
ウェブサイトを参照できなかった場合、
名前の解決が原因で参照できなかったのか調査する事ができます。
posted by han at 12:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

第3回 URL


下記URLについて説明します。
http://www.google.co.jp

@http
Hyper Text Transfer Protocolを指定しています。

Hyper Text Transfer Protocolを直訳すれば、
ハイパーテキストを転送する規約となりますが、
ハイパーテキストを転送する規約に従って作られた
ハイパーテキストを転送するプログラムを指定しています。

ハイパーテキストとは、クリックする事で別のページに移動できる
リンクを持ったテキストです。

Awww
ホスト名を指定しています。

ウェブサイトのマシン名の事です。

Bgoogle.co.jp
ドメイン名を指定しています。

インターネット上でマシンを特定する為には、
どのネットワークのどのマシンであるか指定する必要があります。
ドメイン名により、どのネットワークであるか指定し、
ホスト名により、どのマシンであるか指定しています。

下記の様なURLを指定した場合、
AAA.com ネットワークの www というマシンの中に
/BBB というディレクトリがあり、
その中にあるファイル CCC.html を
httpを用いて転送させるという事になります。

http://www.AAA.com/BBB/CCC.html
posted by han at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

第2回 ポート番号


インターネット上で通信を行うには、
どのマシンのどのプログラムと通信を行うか、
指定する必要があります。

IPアドレスにより、
どのマシンと通信を行うか指定し、
ポート番号により、
どのプログラムと通信を行うか指定します。

それでは、ポート番号を意識してウェブサイトを参照してみましょう。

下記の様にURLを入力してみて下さい。

http://www.google.co.jp:80

これは、インターネット上のマシン www.google.co.jp の
ポート番号80番を指定した事になります。

下記の様にポート番号を省略した場合は、80番を指定した事になります。

http://www.google.co.jp

下記の様にポート番号81番を指定した場合は、
ウェブサイトを参照できませんでした。

http://www.google.co.jp:81

ウェブサイトを参照する場合は、
80番ポートを使う事があらかじめ決められており、
この様なポート番号をウェルノウンポート番号と呼びます。
posted by han at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

第1回 IPアドレス


荷物や手紙を配達する為には住所が必要ですが、
同様にインターネット上で通信をする為には、
相手先を特定する為にIPアドレスが必要となります。

それでは、IPアドレスを意識してウェブサイトを
参照してみましょう。

通常は下記の様にURLを入力する事でウェブサイトを
参照していると思います。
http://www.google.co.jp

次に下記の様にURLを入力してみて下さい。
http://66.249.89.147

インターネット上のマシンである www.google.co.jp の
IPアドレスは、66.249.89.147である為、同様の表示がされます。

URLに http://www.google.co.jp と入力した場合でも、内部的には
www.google.co.jpをIPアドレスに変換して通信を行っています。

www.google.co.jp の様な人間にわかりやすい記述を
FQDN(Fully Qualified Domain Name)と呼び、
FQDNをIPアドレスに変換する事を「名前の解決」と呼びます。

インターネット上には名前の解決をしてくれるマシンがあり、
DNS(Domain Name Service)サーバと呼んでいます。
posted by han at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。